そばに関する情報が満載の蕎麦通!

手打ちそばの味わい方や取扱いについて

手打ちそばは名前の通り、機械を使用せずに人の手で生地を捏ねて作成したそばです。
製麺作業も人の手で行うため、麺の太さや長さが不均一なのが大きな特徴です。
そのため、麺を茹でる際は熱の浸透に差が生じる点を注意する必要があります。
また、人の手で捏ねた生地は機械で成形した生地よりも乾燥しやすい傾向があるので迅速に製麺作業を進めるように心がけます。
手打ちそばは機械で製麺したものと比べて僅かに味のムラが生じますが、味の濃淡の差が味覚に程良い刺激を与えるため、飽きが来ない口当たりになるのが利点になっています。
そのため、麺の本来の風味を楽しめると高評価を受けて需要が増加しています。
手打ちで行う製麺作業は手間がかかるため生産量が少なく、価格も割高になる傾向があります。
業者によっては事前の予約が必要になる所もあるので食事を楽しむ際には注意が必要です。
手作りの麺は外気の影響を受けやすいので、一度に食べられるだけの量だけを少しずつ購入するように心がけます。

手打ちそばの種類とは?

「そば」は、カップラーメン・乾麺・冷凍めん・ゆでめんなどもありとても家庭でも身近に食することが出来ます。
手打ちそば屋も増えてきており、十割蕎麦・二八蕎麦・五割蕎麦など看板に書いてあると思います。
蕎麦粉の種類によっても、白色の更科・黒っぽい田舎・緑っぽく薫り高い藪系にも分かれます。
麺の太さ・ゆで方によっても触感や味は違いがあり、打つ職人によっても違う場合もあるでしょう。
蕎麦好きがこうじ自分で蕎麦打ちをする人も増えています、蕎麦打ちセットも市販されています、一度体験してみたいという方には、蕎麦屋で体験教室を開いていたり、市町村などで体験教室を開催している場合もあります。
手打ち蕎麦の風味を味わうには盛り蕎麦(ざる蕎麦は海苔がかかっています)がお勧めです、麺だけで食べてみましょう、自分の好みかどうかが分かるはずです、次につゆにつけて食べて味わい、つゆの好みもあるでしょう。
最後に出てくる「蕎麦湯」も味わいましょう。
どろっとした触感も温かみを感じます、少し塩を加えるのも良いでしょう。
人によって好みの蕎麦は違うので是非、お気に入りの手打ちそば屋を見つけてみてはいかがでしょうか。

pickup

埼玉の貸倉庫

2017/7/20 更新